工事業者の選び方

工事

見積もりと現物を確認

ピアノやドラムなどの楽器を室内で演奏するときには発生する音で周辺住宅に迷惑をかけるため、防音工事を考える必要があります。個人的には防音工事をすることはできないので、工事をしてもらう業者を選ぶことになります。防音工事は専門知識と技術が必要になってくるため、楽器店や一般の工務店に防音工事をしてもらうことは避けた方が無難です。そして、あくまでも防音工事は外に出る音の量を減らすことが目的であって、音の量をゼロにできることはできないことを認識しておかなければなりません。防音工事を頼む業者を選ぶ時には、住宅環境にあわせた防音室を提案してくれるところを選ぶと良いでしょう。業者によっては最初から何デシベル低下できますと決めかかってしまうところがありますが、防音工事の効果は調査をしなければはっきりと言うことはできないのです。防音工事も他の住宅設備の工事と同じように、まず見積もりをしっかり出してもらい、作業内容と想定効果を明確にしてもらいます。見積もり依頼をする前にあらかじめ自分と似たような住宅における防音工事の効果と相場金額を知っておくことは重要です。施工件数の多い業者であれば、モデルルームを見せてもらったり、過去に工事を請け負った住宅や施設を見学させてもらうことも可能です。できれば、複数の業者から見積もりをとって、実際に見学をさせてもらってから実際に工事をしてもらう業者を指定するようにしてください。