専門店に依頼しましょう

内観

自宅でも演奏できます

音楽スタジオのように環境が整備されたところでならともかく、自宅でドラムの練習をするなら防音工事は必須となります。ドラムは楽器のなかでもとくに音が大きく振動もかなりのものです。発生する音も重低音から高音まで幅広く、高周波と低周波も入り混じっています。防音工事を行っていない状態では完全に窓や雨戸を締め切ったとしても、隣近所はおろか数十メートル離れた場所からでも音が確認できるほどです。そのため防音工事を行っていない通常の状態では、どれほど環境に恵まれている住宅であってもドラムの演奏は困難となっているのです。しかしプロミュージシャンとして活動している方やこれからプロを目指す人の場合はテクニックの向上や維持のためにも日常的な練習を欠かすことはできません。自宅でドラム練習を気兼ねなく行いたいなら防音工事を行ってみましょう。防音工事のは入れこのように室内にもう一つの室内を作る方法が基本です。こうすることで外からの雑音を遮音することができることにくわえ、ドラムの音や振動を外へともれにくくすることができます。ドラム演奏を行った場合の音量は100dbから120dbにも達しますが、防音工事を行えば外に漏れだす音を30db以下にまで軽減することができます。また音響調整パネルや吸音材で調音できるのでハイレベルな音質を実現できます。このような防音室は音響に詳しい専門店に依頼する必要があります。防音室の設置を検討する場合は経験豊富な専門店に依頼するようにしましょう。